実施報告

2019年2月24日|カテゴリー「実施報告

平成31年217日(日)に「第8回 体験授業×国の制度事例説明会」を開催致しました。当日の内容を一部ご紹介致します。

 

 参加された方より、3月12日を締め切りとする平成31年度入学試験にむける第6期出願を前向きに検討される方が多かったのが印象的でした。説明会後に個別相談を希望され、特に札幌市保育士修学資金貸付についての質問が多く、事例を基にご説明致しました。平成31年度の申請枠が、昨年の倍以上の「35名」となったことは出願を検討するのに、大きな後押しとなると感想も頂いています。

IMG_2397-e1550970677334
今回は「こどもと絵本」について、グループワーク形式で体験していただきました。心に残っている絵本の共有と、子どもたちにとって絵本はどのような存在であるのか等、意見交換が活発に行われ、楽しい時間となりました。
IMG_2396-e1550970663254
平成29・30年度で終了が予定されていた「札幌市保育士修学資金貸付」が、継続して募集されます。

最大160万円借り入れることができ、卒業後に札幌市内の保育園、放課後等デイサービスなどで5年以上勤務(週20時間以上)すると、全額返済免除となります。

「申込のしおり」はコチラから

個別相談会のご予約

平成30年度の「体験授業×授業見学」、「体験授業×国の制度事例説明会」の開催は全て終了致しました。

ご都合にあわせてご予約頂ける「個別相談」を随時受け付けています。
土日や夜間の時間帯も対応しますので、ご相談下さい。

■ご予約はコチラから
2019年2月1日|カテゴリー「お知らせ
平成31年度生の「第六期」の出願受付を開始しました。

出願期間は
平成31年2月1日~3月12日(火) となります。

試験日時・合否発送など詳しくは、こちらをご覧ください。
(募集要項のページにいきます)

また、もっとよりよくこども學舎を知ってほしい、知った上でぜひ検討していただきたい、との思いから、
国の制度事例説明会×体験授業
授業見学×体験授業
を、それぞれ2月にも開催することになりました。

それぞれの日程については、こちらのページでご確認ください。

過去の体験授業の様子は、以下よりどうぞ。 「体験授業×授業見学」(平日開催。実際の学生が授業している様子を見学)

★第7回 平成30年度「体験授業×授業見学」(実施報告)
★第6回 平成30年度「体験授業×授業見学」(実施報告)
★第5回 平成30年度「体験授業×授業見学」(実施報告)
★第4回 平成30年度「体験授業×授業見学」(実施報告)
★第3回 平成30年度「体験授業×授業見学」(実施報告)

---------

「体験授業×国の制度事例説明会」(日曜開催。学生が利用している制度などについてご案内)

第6回 平成30年度「体験授業×国の制度事例説明会」(実施報告)
第5回 平成30年度「体験授業×国の制度事例説明会」(実施報告)
第4回 平成30年度「体験授業×国の制度事例説明会」(実施報告)
第3回 平成30年度「体験授業×国の制度事例説明会」(実施報告)

2019年1月28日|カテゴリー「お知らせ
以下の内容で、平成31年度入学生及び2年生に対し、募集をすることが決定しましたので、お知らせ致します。昨年度の定員数を大幅に上回り35名の学生が申請することができるようになりました。


■概要
最大160万円の貸付金です。卒業後、5年間以上札幌市内の保育園などの対象施設
(申し込みのしおり9ページ参照)で、週20時間以上の勤務に従事した場合、返済
が免除されます。また、複数の対象施設で勤務する場合、求職期間が3ヵ月以内
であれば返済免除の期間として算入することが可能です。

■対象者
①平成31年度生(新入生)・平成30年度生(新2年生)
②本學舎の施設長が推薦する学生
③家庭の経済状況等から、真に本貸付が必要と認められる学生
(申し込みのしおり3ページ参照)
④他都道府県が実施する保育士修学資金貸付を受けていない学生

■定員数:35名

■平成31年度と前回の申請にかかわる変更点(抜粋)
・在校生(新2年生)も申請可能になりました。
・「家庭の経済状況等から、真に本修学資金の貸付が必要と認められる学生」かを見分け
る世帯の収入金額の目安が変更されました。(申し込みのしおり3ページ参照)


詳細は以下よりご確認下さい。
 
 札幌市保育士修学資金貸付 申し込みのしおり
 ・表紙


00017-e1548653926647
①の制度が、保育士資格取得を目指す学生に向けた本ページでご紹介する制度です。
00023-e1548653953759

scroll-to-top