実施報告

2019年10月15日|カテゴリー「実施報告
3d29f371f5bde878afe8b8fcc00ad674-e1571105411135
2019年10月15日(日)に「第3回 体験授業×国の制度事例説明会」を開催し、本學の専任教員である、唐川香先生による「絵本を通じて豊かな感性を生み出す保育者」をテーマにお話致しました。一部、当日の様子をご紹介致します。


b96919be4a2a52cbc1b3cc0a9f491cbf-e1571104822843
■13:30~

体験授業テーマ:
絵本を通じて豊かな感性を生み出す保育者

担当教員:唐川香


ce455f6171186860b4c3d398490da394-e1571105365670
内容:
「絵本を通して豊かな感性を生み出す保育者」というテーマでお話させていただきました。参加者の皆さんの思い出に残る絵本は何かを伺い、その絵本の持ち味や魅力を探ってみました。
また、保育現場での子どもと絵本の関わりの実例を紹介し、絵本の魅力を皆さんと共有し有意義な時間となりました。


32b80557baf188bf1390ca46ec4692c01-e1571105464523
■14:30~

内容:
 ①こども學舎の特徴
 保育士資格を取得ための、学校選択は重要です。本學の必須授業は午前のみの開講となりますので、午後の時間が自由になります。
在校生は、
・子どもとかかわる保育現場で勤務と両立する
・週2日間程度開講する(予定)の選択科目を受講する
・ボランティアや保育園見学を体験し、保育業界の視野を拡げる
など、有意義な時間を過ごしています。それこそが「こども學舎」の特徴であり、学校選択の際お考え頂きたいと思います。
25ce57758d1b8b11c05f70a9cf313514-e1571106050265
保育現場での勤務経験は、就職活動の際必ず評価されることと思います。

 ②国の制度活用事例のご紹介
 要件を満たす方であれば、約500万円近く助成を受けて学ばる事例もあります。ご自身が、申請対象となる国の制度はどのようなものがあり、受給できる金額・時期はいつなのかなど、詳しくご説明致しました。
 説明会の後には、個別相談の実施と、お菓子とお茶を取りながら楽しいひと時を過ごしました。



2bb92b02719f57a3b55732360e0d523f-e1571106684274
 様々な想いで保育士資格取得の検討をされているようでした。
・友人と子どもにかかわる施設の起業
・子育て経験を活かして保育現場で活躍したい
・年齢を気にせず、一度の人生を謳歌するためにやりたいことをしたい
 など、お互いの夢を共有し、叶える一歩を踏み出した皆様はイキイキとされ、とても素敵でした。また、これまで勤務された職種からの視点で、どのように子どもの成長を支える仕事に就くかなどを語り合う、大いに盛り上がる時間になりました。


※写真の使用許可を頂き、掲載しています。
2019年10月11日|カテゴリー「一日体験入学情報

こども學舎では、2019年10月11日(金)に2019年度の「第4回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は3名の参加者を迎えての開催となりました。

32b80557baf188bf1390ca46ec4692c0

■10:30~
まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。

【こども學舎の特徴について】
2年間、9:20~12:40の午前授業を履修すると保育士資格を取得することができます。午後の過ごし方は、「保育園・放課後等デイサービスでアルバイト」「選択科目を履修して知識を深める」「趣味やPTA活動などに力を入れる(お母さん学生も多いため)」など、学生によって様々ですが、有意義に利用する学生も増えています。そのように自分の時間を有効活用しながら資格取得を目指していけるのが、こども學舎の特徴です。


【出願時期について】
10月1日〜31日まで、第3期の出願募集中となっています。
第3期の出願で合格された方は、入学金15万円の免除となります。
第4期出願よりは免除額が大きくなりますので、焦らせたいわけではないですが、ぜひとも早めにご検討いただけたら…!と思います。

☆ご不明な点がある方は、ぜひとも「個別相談」をご活用ください!→ご予約はこちら

☆出願時期・入学金等については、「募集要項」でもご確認いただけます→「募集要項」はこちら

ed52635256bbf802a5ad73309585f7fb

■10:40~

【授業見学①】
授業:子どもの保健(2年生Aグループ授業)
教員:小橋 明子 先生

本日の授業は、well-beingという新しい子ども感についての話題や、世間でちょうど話題となっているノーベル賞のことなどに触れた授業でした。 講義形式だったため、参加者の方々も真剣な眼差しで授業に聞き入っていました。

af68fc00320334419a9cc7a409032b9a

■10:40~

【授業見学②】
授業:英語(2年生Bグループ授業)
教員:赤間 荘太 先生

本日の授業は、自己紹介や保育園の登園場面で登場しそうな表現についてでした。 子どもの状態を確かめるような表現(熱はある?咳をしている?くしゃみ、など)や、マスクに関して日本とアメリカの文化の違いなど単に表現や発言を確認するだけでなく、その言語が使われている背景にまで触れて授業されていました。

e9a3243560260805fd9686d98a9f9430

■11:10~
【体験授業】
授業:保育者のことばと絵本
教員:瀬川 章子 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜 感受性豊かな子どもたちと接する保育士は、日々、子どもたちにどのような言葉を使い、どのように声かけてることが望まれているでしょう。また、言葉は子どもたちにどんな影響があるのか、という事をお話ししました。子どもたちにとって、保育園で一緒に過ごす保育士の先生は憧れであって、大好きな存在です。その先生が話す言葉は、良くも悪くも大きな影響力があります。先生に励まされれば子どもは頑張ろうと思い、褒められればまた褒められたいと思います。反対に、保育士の一言で傷つけてしまうこともあります。そのようなことを考えて、実際に保育士さんが、どのような話し方をするとよいかというポイントについてお伝えしました。
次に、絵本についてお話をしました。絵本は読み聞かせをする子どもたちの喜ぶ笑顔を想像しながら選ぶと楽しくなることや、色んなジャンルの絵本を読み聞かせすることで、今まで知らなかった子どもの姿を発見することもあるということをお話し、様々なジャンルの絵本を紹介しました。

保育現場の経験と、実際に今も子育て中である瀬川先生の話は、体験を通した実感のこもった言葉も多く、参加者の方々にも響くものがあったのではないか、と思います。
保育士が子どもへ伝える一言がどんなに大きいものなのか、また様々な絵本がこどもにどのように影響を与えるのかなど改めて考えてみると、考えさせられるものが多かったかと思います。また、童話の絵本などでは、出版社によって様々なバリエーションを持つ絵本もありますが、保育者がこどもに何を・どのようなことを伝えたいか、意図によって絵本を選択していきましょう、という話はとても印象的でした。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
【体験参加者の感想】

※許可をいただき、掲載させていただいております。
本日参加いただいた社会人経験、子育て経験のある皆さんから「何か新しい事に、チャレンジする時はワクワクする。楽しんで取り組むこと。時間は作るもの。」とのお話があり、参加者の方々からたくさんの事を学ばせていただきました。忙しい毎日に追われるのではなく、目的をもって過ごす毎日の大切さを改めて実感し、有意義な時間となりました。ありがとうございました。


ぜひあなたも、説明会で直接見にきて・体験して、話を聞いてみませんか?

☆次回の「体験授業×授業見学」(平日開催)は→こちらから
★日曜開催の「体験授業 × 国の制度事例説明会」は→こちらから
もちろん、個別相談・資料請求も随時受付中です。詳しくは→こちらからどうぞ!

2019年9月26日|カテゴリー「一日体験入学情報

こども學舎では、2019年9月25日(水)に2019年度の「第3回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は6名の参加者を迎えての開催となりました。

6a58c88246effc15c7194a0832eacb69
玄関前のこの案内が目印です!
a1c1a792548e5ddfc28d9e64ae70acfc2

■10:30~
まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。(10分ぴったりの簡潔な説明です)

【こども學舎の特徴について】
2年間、9:20~12:40の午前授業を履修すると保育士資格を取得することができます。午後の過ごし方は、「保育園・放課後等デイサービスでアルバイト」「選択科目を履修して知識を深める」「趣味やPTA活動などに力を入れる(お母さん学生も多いため)」など、学生によって様々ですが、有意義に利用する学生も増えています。そのように自分の時間を有効活用しながら資格取得を目指していけるのが、こども學舎の特徴です。

【出願時期について】
9月1日〜30日まで、第2期の出願募集中となっています。
第2期の出願で合格された方は、入学金20万円の免除となります。
第3期出願よりは免除額が大きくなりますので、焦らせたいわけではないですが、ぜひとも早めにご検討いただけたら…!と思います。

☆ご不明な点がある方は、ぜひとも「個別相談」をご活用ください!→ご予約はこちら

☆出願時期・入学金等については、「募集要項」でもご確認いただけます→「募集要項」はこちら

17a6fbe0fdbc6f93cc0cbf6c9c75058d

■10:40~

【授業見学①】
授業:社会福祉(1年生授業)
教員:中村 康子 先生

本日は新聞記事を参照しながら、こどもや家庭を取り巻く社会の状況について確認をし、グループワークに入る…というところでした。インクルーシブ教育や出生前診断など、現代で難しい問題と言われているものを取り上げるような内容でした。

663a5b649d7d179cdf689062a5a3c773

■10:50~

【授業見学①】
授業:保育事例研究(2年生授業)
教員:瀬川 章子 先生

本日はグループワークだったため、グループワークの様子や図書室なども一緒に見学しました。
実際のグループワークの様子をみるのも、参加者さんには新鮮に映ったのではないでしょうか。

f7ffd9d8707a719d2cd03915927c90a0

■11:10~
【体験授業】
授業:赤ちゃんのふしぎなチカラ 発達科学の視点から
教員:大倉 雄一 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜 今回の体験授業では発達心理学についてのイントロダクションを行いました。
発達心理学はこどもの神経発達過程を明らかにし、また、心の働きや行動の仕組み一般を、発達変化の側面から捉えようとする心理学の一領域です。
こどもはいつから、どのように大人になるのか? こどもの成長は遺伝が強いのか環境が強いのか? というようなことを研究しています。

また、こどもは白紙の状態で産まれてくるとした近代経験主義への批判から、赤ちゃんがもともと持っているさまざまな能力についてご紹介しました。
赤ちゃんの道徳性に関する実験からもともと正義感を持って産まれてくること、従来は4歳くらいからとされていた心の理論の獲得は、実はもっと早いこと等を実験映像をお見せしながら説明しました。

発達心理学を学ぶことで、こどもの目線を理解することができます。
私たちは誰もがかつてこどもでしたが、その視点を知らないうちに喪ってしまっているようです。
発達心理学はこどもの心を取り戻す学問といえるかもしれませんね。

64d34dc252ebf1382e9cddb5d21436a1

大倉先生の体験授業では、心理学って何だろうというところから、心理学の分類について触れたり、こどもは何にも書き込まれていない「白紙」の状態でうまれてくるように思われがちですが、実は正義感だったり、表情を読みとる能力だったり、様々な能力を生まれながらにして持っている…ということを、実際の実験映像なども見ながら学びました。
心理学の視点から見ると、子どもの何気なく見える行動、例えば赤ちゃんが手をグーにして見つめていたり、なめたりすること(ハンドリガードと、名前も習いました!)も本当はとてもすごいことなんだ!という気づきが得られたりしたのではないかと思います。また、赤ちゃんは生まれながらに正義感を持っているなど、子どもたちが生まれながらにして持っているたくさんのチカラや魅力を、心理学を通して見ることで、たくさん気がつくことができるような体験授業となりました。

2fb180c7c8c9d161a2afe48bb341ccf71

体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら、座談会をしました。
参加者さんに、今日の感想などを共有していただいたりするのですが、やはり、体験授業の内容に興味をもつ参加者さんもおられて、こどもの反射反応についての話で盛り上がりました。
また、入試に関して、学校生活(入学後)のことに関しての疑問等も寄せられ、答えたりするなどというやりとりも見られました。
また同じ参加者の方々同士の意見交換も見られました。
「これって聞いてもいいのかな…?」と思うようなことも、いろいろとあると思います。説明会のよさは、そのような「聞くほどのことではないけれど…」と思うようなことも気軽に聞ける雰囲気があることです。実際にきていただければ、納得いただけるのではないか…と思います。

19370832031a4ced3a97112ef743941b

【体験者の感想】
※許可をいただき、掲載させていただいております。

校舎に入ってきたときも、優しく声かけしてくれて、とても入りやすかったです。体験授業も興味深く、自分の子育てにも生かせそうな知識を知ることができて、改めて自分の子どもの様子を見てみたい…と思いました。


ぜひあなたも、説明会で直接見にきて・体験して、話を聞いてみませんか?

☆次回の「体験授業×授業見学」(平日開催)は→こちらから
★日曜開催の「体験授業 × 国の制度事例説明会」は→こちらから
もちろん、個別相談・資料請求も随時受付中です。詳しくは→こちらからどうぞ!

scroll-to-top