学生紹介

在校生ご紹介

ph_interview-2
年齢に関係なく挑戦できる環境がある

2019年度入学 渡部 明美さん
授業終了後:小規模保育園で週1〜2回保育補助としてアルバイト

下の子の大学進学を機に、なりたかった保育士を目指すことに。資格取得の一番の近道は養成校に通うことと知り、ホームページやパンフレットで「何歳からでも挑戦できる環境がある」と見て入学を決めました。実際に入学してみて、同年代・同じ環境の方が多く、情報交換をすることにより助け合いながら学ぶことができ、学業・仕事・家庭の両立が出来ています。
「たくさんの子どもの成長にかかわりたい」「お母さんの悩みに寄り添える保育者になりたい」という目標に向かって楽しみながら通っています。

【入学を考えている方へメッセージを】
たくさんの学びがあり、楽しみながら通うことができます。この歳で挑戦して本当に良かったと思っています。みなさんも挑戦してみてください。

ph_interview-1
学費や生活費の不安解消
国の制度+午後勤務
学業と保育補助者として充実した学生生活を

2019年度入学 池畑 咲子さん
授業終了後:認可保育園で週3回保育補助としてアルバイト

【何故こども學舎を選びましたか?】
札幌市内でシングルマザーが保育士資格を取得できる学校をインターネットで検索して見つけたのがこども學舎です。学費や生活費が心配でしたが見学の際、母子家庭への給付制度や貸付制度について詳しく教えて頂き不安が解消されました。ここなら午前授業なので、子育ても仕事もしながら通えると思い入学を決めました。

【入学して良かったことは何ですか?】
学生の年齢も幅広く、色々な人生経験を積んでいる方々が集まっているので、とても勉強になりますし、それが良い刺激となり毎日新鮮に楽しく通うことが出来ています。その他、保育士資格を取得後、働く場は様々あることを知りました。

【入学を考えている方へメッセージを】
こども學舎は子育てをしながらでもしっかりと勉強をすることができると思います。
授業がとても楽しく、和やかで、皆で支え合いながら毎日頑張ることができます。
不安をお持ちの方は、見学などに来て頂き授業の様子を見て頂ければ解消されることも多いはずです。

『在校生ご紹介』ブログ

授業終了後の時間の使い方は学生様々です。
学業と仕事、子育て、家事、ボランティアなど、どのように学生生活を過ごしているかブログでご紹介します。







scroll-to-top