2022年度 第3回「体験授業×授業見学」(実施報告)

令和4年9月21日(水)に開催致しました「第3回 体験授業×授業見学」の様子をご紹介致します。
 当日は1名の参加者をお迎えしました。実際に授業をしている教室に入り授業見学と、後藤先生による「日本児童文学の事始め」をテーマにした体験授業を行いました。
 新型コロナウイルス感染防止対策としまして、本日も座席間隔も広く取り、手指消毒・マスク着用をお願いし開催いたしました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_2022-0921-01
■10:25~

まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
・令和5年度より開始する「学費の個別納入」について
などの話がありました。
今回は人数が少ないこともあり、少し長めにご説明をすることができました。
ph_2022-0921-02
■10:30~

【授業見学】
授業:子ども家庭支援論(1年生)
教員:片山 寛信 先生

2年生が保育実習期間ということもあり、1年生の授業を長めに見学いたしました。

本日の授業は、「子ども家庭支援におけるソーシャルワーク」をテーマに、エンパワメントの大切さや、文化や障がいや性的アイデンティティの多様性についての理解や配慮すべきことについて実際の例を交えながらお話しされておりました。授業中に生徒から片山先生に質問があると丁寧にわかりやすく説明をされておりました。
ph_2022-0921-03
■10:50~

【体験授業】
授業:日本児童文学の事始め
教員:後藤 優 先生

本日は、本校の常勤教員、後藤先生より「日本児童文学の事始め」というテーマでご講義頂きました。
近代的概念としての「子ども」の誕生の歴史や少年雑誌が登場した際にあった批判や問題点についてお話しされておりました。
日本で最初の児童文学作品の内容や価値について参加者様も驚いており、あっという間でしたと好評な体験授業となっておりました。
ph_2022-0921-04
体験授業終了後、施設長との個別面談となりました。
国の支援制度に関することは、書面を見ながら説明を受けることができるこの機会にじっくりとお話しすることをオススメいたします!

2022年度「体験授業×授業見学会」日程

平日開催の体験授業は、実際に行われている在校生の授業を見学できるのが特徴です。
どんな授業が行われているのか、授業の雰囲気など見ることができます。
ご予約はお電話または申込フォームにてご予約いただけます。

【第1回】2022年07月20日(水)
終了いたしました。

【第2回】2022年08月19日(金)
終了いたしました。

【第3回】2022年09月21日(水)
終了いたしました。

【第4回】2022年10月12日(水)
体験授業テーマ「絵本の形式」

【第5回】2022年11月16日(水)
体験授業テーマ「子育て支援と保育者」

【第6回】2022年12月12日(月)
体験授業テーマ「赤ちゃんの素敵な能力について」

【第7回】2023年01月18日(水)
体験授業テーマ「子どもと遊び」

【第8回】2023年02月17日(金)
体験授業テーマ「地域社会と保育園」
scroll-to-top