NEWS

新着情報

2020年9月18日|カテゴリー「実施報告
こども學舎では、2020年9月18日(金)に2020年度の「第3回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は、5名の参加者を迎えての開催となりました。
ph_20200918_01
■10:30~

まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。
ph_20200918_02
■10:40~

【授業見学
授業:造形表現(1年生Cグループ)
教員:笠見 康大  先生

本日の授業見学時は、折り紙を使用しての作り物をしておりました。桜の模様になるよう、丁寧にひとりひとりの質問にお答えして授業を進めておりました。
その後の授業では、絵の具を使った様々な表現方法などを予定しているようです。
ph_20200918_03
■10:50~

【授業見学
授業:身体表現(1年生Dグループ)
教員:出町 道代 先生

本日の授業見学時は、第1・2教室全体を使ってステップ・スキップ・バランスなどリズムをとって体全体を使って授業を行っておりました。皆さん笑顔で授業を受けられていたのが印象的でした。
ph_20200918_04
■11:10~

【体験授業】
授業:排泄のしくみ(大人と子ども)
教員:小橋 明子 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜
本日の体験授業のテーマーは、大人と子どもの排せつのしくみです。大人と子どもは生理面で共通する点もありますが、子どもの排せつは体の発達を考える点が大人と違います。子どもの尿意や便意は1歳くらいまで脊髄で反射的に排せつし、1~2歳で大脳の皮質で認知するようになります。トイレットトレーニングの開始の目安は、子どもが歩き出して、マンマ・ブーブーなど片言を話すようになったら、子どもがプルっと体を震わせたり、下腹部を両手で抑えている様子を見てそろそろ始めてもいいでしょう。
トイレットトレーニングのポイントは、排せつ時の3感覚(目で見て、音を聞いて、排せつ後のさっぱり感)を大切にし、焦らない、叱らないことが上手にいくコツです。
 大人の排せつについては、主に尿漏れと便秘について講話し、最後に尿漏れ予防に骨盤底筋の強化体操を実施しました。結構、大人も排せつの悩みを抱えており学べてよかったと好評であった。
ph_20200918_05
※許可をいただき、掲載させていただいております。
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会をしました。実際の授業を見学することで、幅広い年齢の生徒・授業内容・クラスの雰囲気など体験することができ、不安な部分も解消できるかと思います。
ph_20200918_06
座談会の後、希望される方は施設長との個別面談となります。不明なことや不安なこと、詳しく知りたいことをもっと掘り下げて話をすることができます。
特に国の支援制度に関することは、書面を見ながら説明を受けることができるこの機会にじっくりとお話しすることをオススメいたします!
2020年9月14日|カテゴリー「実施報告
 令和2年9月13日(日)に開催致しました「第3回 体験授業×国の制度事例説明会」の様子をご紹介致します。
 当日は10名(内3名遠隔参加)の参加者をお迎えし、「保育の魅力〜現場の体験から」をテーマに選任教員の柿原先生による体験授業と、河村施設長による「こども學舎の特徴」と「国の制度の申請・利用事例」をご説明致しました。
 新型コロナウイルス感染防止対策としまして、本日はzoomを利用した遠隔での体験授業参加を受け付け、座席間隔も広く取り、手指消毒・マスク着用をお願いし開催いたしました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_20200913_01
■13:30~「体験授業」

担当教員:柿原 勝
テーマ:保育の魅力〜現場の体験から
ph_20200913_02
内容:本日は、本校の選任教員、柿原勝先生より「保育の魅力〜現場の体験から」というテーマでご講義頂きました。

柿原先生自身の保育士へ至るきっかけや経緯、現場での素晴らしい出会いや喜びを講義を受けられた方へお伝えされていました。
保育の仕事へのイメージについて「保護者のクレームが凄いというイメージは、とんでもない事案をクローズアップして報道され恐ろしいイメージを持たれているかもしれないが、子どものことを思う親は意見や質問をするのは当たり前であり、きちんと話をすることで親というのは誰よりも心強いサポーターになってくれる。」「子どもたちは「今ある環境」を楽しめる力であふれている」「子どもたちと過ごすと改めて人として大切なこと、今ある環境を楽しむことを気づかされる」など先生の経験をもとにひとつひとつ丁寧に話され、保育という仕事の素晴らしさ・楽しさや魅力が伝わる講義になっておりました。
ph_20200913_03
■14:30~

担当:河村施設長
内容①:「こども學舎の特徴」
 保育士(国家資格)取得の必須授業は、午前のみ。月~金の9:20~12:40、2年制。午後の時間には、保育補助者または保育支援者として保育現場で勤務との両立をする学生が多数。近年では、「保育補助者雇上貸付」や「保育支援者配置補助事業」など、保育士有資格者の勤務負担軽減のため園が利用できる制度も整備されています。保育現場と保育の専門知識を学び得る2年間の経験は、とても貴重な時間となります。
内容②:「国の制度事例説明」
 1.札幌市保育士修学資金「貸付金」
 2.専門実践教育訓練「給付金」
 3.専門実践教育訓練「支援給付金」
 4.高等職業訓練促進「給付金」
 5.高等職業訓練促進「貸付金」
 6.札幌市自立支援教育訓練「給付金」
の6つの国の制度の概要と申請事例、そして複数を利用する併用事例などについてご説明致しました。
ph_20200913_04
■配布資料

・2021年4月入学に向ける「学生募集パンフレット」
・アンケート用紙
・こども學舎ボールペン
・国の制度事例説明で使用する資料
・体験授業資料
ph_20200913_05
■15:30~

説明会終了後、希望される参加者に「個別相談」を実施し、お待ちいただく間、おやつとドリンクをとりながら、談笑を楽しみました。
皆さん気になる事は、お話をする中で解消できたかと思います。
ph_20200913_06
個別相談では、
・ご自身が申請可能な制度は、どの制度か。
・学費の納入と国の制度の入金時期はいつになるのか。
など頂いたご質問に対し、回答致しました。

次回開催(平日)「第3回 体験授業×授業見学」

10:30~ こども學舎について
10:40~ 在校生の授業見学
11:00~ 休憩
11:10~ 体験授業「排泄のしくみ(大人と子ども)」
11:40~ 終了 
      ※希望される方を対象におやつとドリンク、個別相談を実施

■参加ご予約はコチラ
(平日開催は定員6名となります)

次回開催(日曜)「第4回 体験授業×国の制度事例説明会」

13:30~ 体験授業「子どもの表現と保育者の援助」
14:20~ 休憩
14:30~ こども學舎の特徴・国の制度事例説明
15:30  終了
      ※希望される方を対象におやつとドリンク、個別相談を実施

■ご予約はコチラ
(日曜開催はzoomを利用して遠隔参加が可能です)
2020年8月17日|カテゴリー「実施報告
こども學舎では、2020年8月17日(月)に2020年度の「第2回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は定員6名でしたが、事前にご相談を受けた上で事情を考慮し、7名の参加者を迎えての開催となりました。
ph_20200817_01
■10:30~

まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。
ph_20200817_02
■10:40~

【授業見学
授業:健康(2年生Aグループ)
教員:早坂 聡子 先生

本日の授業見学時は、実習での指導案について現場の指導する先生目線でのお話をされておりました。これから実習に向かう2年生には、実習生の受け入れ経験のある先生の授業は心に響く内容だったかと思います。
その後、絵本を使い「命は自分たちだけのものではない」ということを、子どもたちにわかりやすく伝える授業をしてくださっていました。
ph_20200817_03
■10:50~

【授業見学
授業:教育原理(1年生A・Bグループ)
教員:武田 秀勝 先生

本日の授業見学時は、教育指導要領について解説しておりました。なぜ必要なのか?変更される背景などをわかりやすくお話されておりました。
学習に関しての統計結果で、学力トップの県と他の県との違いについても話され、自分で調べ検索することの重要さを知ることのできる授業となっておりました。
ph_20200817_04
■11:10~

【体験授業】
授業:バイタルサインのチェック
教員:小橋 明子 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜
 バイタルサインとは、日本語では「人間の生きている証」という意味で「呼吸」「脈拍」「体温」「血圧」「意識」のことを言います。肺は酸素を取り込み心臓はポンプ作業で全身に酸素を届けており、肺と心臓の協働作業で人は生かされている仕組みを演習で具体的に楽しく学びました。
 さらに、最近は子どもも大人も低体温(35度代)が増えており、低体温は免疫力の低下、基礎代謝の低下、体内酵素の低下等が課題となってきています。現在、コロナの感染の心配もあり、免疫力を高めておかなければならないので簡単にできる体温を上げるための演習を実施し「聞いてよかった」など好評でした。
ph_20200817_05
※許可をいただき、掲載させていただいております。
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会をしました。実際の授業を見学することで、幅広い年齢の生徒・授業内容・クラスの雰囲気など体験することができ、不安な部分も解消できるかと思います。
ph_20200817_06
座談会の後、希望される方は施設長との個別面談となります。不明なことや不安なこと、詳しく知りたいことをもっと掘り下げて話をすることができます。
特に国の支援制度に関することは、書面を見ながら説明を受けることができるこの機会にじっくりとお話しすることをオススメいたします!
2020年8月17日|カテゴリー「実施報告
 令和2年8月16日(日)に開催致しました「第2回 体験授業×国の制度事例説明会」の様子をご紹介致します。
 当日は10名(内1名遠隔参加)の参加者をお迎えし、「人との上手なかかわり方」をテーマに常勤講師の小橋先生による体験授業と、河村施設長による「こども學舎の特徴」と「国の制度の申請・利用事例」をご説明致しました。
 新型コロナウイルス感染防止対策としまして、本日はzoomを利用した遠隔での体験授業参加を受け付け、座席間隔も広く取り、手指消毒・マスク着用をお願いし開催いたしました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_20200816_01
■13:30~「体験授業」

担当教員:小橋 明子
テーマ:人との上手なかかわり方
ph_20200816_02-2
内容:本日は、本校の常勤講師、小橋明子先生より「人との上手なかかわり方」というテーマでご講義頂きました。

人とかかわる時、特に大切な能力はコミュニケーション能力であります。どの職場でも働く環境として人間関係の良さは重要な要素となっており、その意味でもコミュニケーション能力は求められています。特に保育士は子どもや保護者など人とかかわりあう対人援助サービスの人です。
人とかかわる仕事は、自分とは違う生活史を経験した人や自分とは違う価値観を持っていたりするなどと新しい発見や気づきが多いものです。
 講義の内容は、自己覚知(自分を知る)として、一人の人間が持っているという5つの心の動きをエコグラム(交流分析の一技法)で自分の性格の特性を知る機会となりました。この簡易なチェックテストで参加者は自分の心の分析を楽しんでいました。

ph_20200816_03
■14:30~

担当:河村施設長
内容①:「こども學舎の特徴」
 保育士(国家資格)取得の必須授業は、午前のみ。月~金の9:20~12:40、2年制。午後の時間には、保育補助者または保育支援者として保育現場で勤務との両立をする学生が多数。近年では、「保育補助者雇上貸付」や「保育支援者配置補助事業」など、保育士有資格者の勤務負担軽減のため園が利用できる制度も整備されています。保育現場と保育の専門知識を学び得る2年間の経験は、とても貴重な時間となります。
内容②:「国の制度事例説明」
 1.札幌市保育士修学資金「貸付金」
 2.専門実践教育訓練「給付金」
 3.専門実践教育訓練「支援給付金」
 4.高等職業訓練促進「給付金」
 5.高等職業訓練促進「貸付金」
 6.札幌市自立支援教育訓練「給付金」
の6つの国の制度の概要と申請事例、そして複数を利用する併用事例などについてご説明致しました。
ph_20200816_04
■配布資料

・2021年4月入学に向ける「学生募集パンフレット」
・アンケート用紙
・こども學舎ボールペン
・国の制度事例説明で使用する資料
・体験授業資料
ph_20200816_05
■15:30~

説明会終了後、希望される参加者に「個別相談」を実施し、お待ちいただく間、おやつとドリンクをとりながら、談笑を楽しみました。
話題となりましたのは、入試の倍率・試験について・託児利用についてなど、皆さん気になる事は解消できたかと思います。
ph_20200816_06
個別相談では、
・ご自身が申請可能な制度は、どの制度か。
・学費の納入と国の制度の入金時期はいつになるのか。
など頂いたご質問に対し、回答致しました。

次回開催(平日)「第3回 体験授業×授業見学」

10:30~ こども學舎について
10:40~ 在校生の授業見学
11:00~ 休憩
11:10~ 体験授業「排泄のしくみ(大人と子ども)」
11:40~ 終了 
      ※希望される方を対象におやつとドリンク、個別相談を実施

■参加ご予約はコチラ
(平日開催は定員6名となります)

次回開催(日曜)「第3回 体験授業×国の制度事例説明会」

13:30~ 体験授業「保育の魅力〜現場の体験から」
14:20~ 休憩
14:30~ こども學舎の特徴・国の制度事例説明
15:30  終了
      ※希望される方を対象におやつとドリンク、個別相談を実施

■ご予約はコチラ
(日曜開催はzoomを利用して遠隔参加が可能です)
2020年8月6日|カテゴリー「お知らせ
誠に勝手ながらこども學舎では、以下の期間を夏期休業とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

令和2年8月11日(火)から令和2年8月14日(金)

※土・日・祝日も休業となります。
※お問い合わせへのご返信、資料の送付につきましては8月17日以降にご対応させていただきます。
また、8月7日分のお問い合わせに対するご対応も、17日以降になる場合がございます。
ご了承ください。
scroll-to-top