NEWS

新着情報

2019年12月9日|カテゴリー「お知らせ
誠に勝手ながらこども學舎では、以下の期間を年末・年始休業とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

令和元年12月24日(火)から令和2年1月5日(日)


※お問い合わせへのご返信、資料の送付につきましては1月6日以降にご対応させていただきます。
また、12月21日以降のお問い合わせに対するご対応も、1月6日以降になる場合がございます。
ご了承ください。
2019年12月4日|カテゴリー「平日開催「体験授業」
こども學舎では、2019年12月3日(火)に2019年度の「第6回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は5名の参加者を迎えての開催となりました。
191203_1
■10:30~
まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。
この場では足早に説明が終わってしまいますが、後ほどの個別面談でより詳しいお話しをさせていただいております。

【出願時期について】
12月1日〜25日まで、第5期の出願募集中となっています。
第5期の出願で合格された方は、入学金5万円の免除となります。
第6期出願よりは免除額が大きくなりますので、焦らせたいわけではないですが、ぜひとも早めにご検討いただけたら…!と思います。

☆ご不明な点がある方は、ぜひとも「個別相談」をご活用ください!→ご予約はこちら

☆出願時期・入学金等については、「募集要項」でもご確認いただけます→「募集要項」はこちら

191203_2
■10:40~

【授業見学①】
授業:子どもの保健(2年生Aグループ授業)
教員:小橋 明子 先生

本日の授業は、児童虐待に関して実例をふまえ授業をされていました。児童相談所や法令も子どもを守るためにあるが、時には法務省に相談をするようなケースもあるなど実例をふまえわかりやすく授業されていました。
191203_3
■10:50~

【授業見学②】
授業:保育の計画と評価A(1年生A・Bグループ授業)
教員:柿原 勝 先生

本日の授業は、保育の計画について授業をされていました。自主性を尊重するなどの方針も大切だが、子どもに身につけてほしい事を計画しその上で進めることが重要である。ただ行きあたりばったりでは残念ながらうまくはいかない。法令や分厚いテキストはあるけれど、保育の答えは一つではなく、常に学び続けなければならないなど保育に関わる大切なことを伝える授業をされていました。
191203_4
■11:00~

【授業見学③】
授業:英語(2年生Bグループ授業)
教員:赤間 荘太 先生

本日の授業は、物語をもとに英語を学ぶ授業をおこなっておりました。途中に笑いを織り交ぜるリズムのよい授業展開に楽しんで聞き入りました。
191203_5
■11:10~
【体験授業】
授業:子どもの表現と保育者の援助
教員:唐川 香 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜
今回の授業は「子どもの表現と保育者の援助」というテーマでお話させていただきました。
現在子育て中のお母さんが幼児期だった頃の、歌をうたう、絵を描くなどの「表現」の捉えと、現在の子どもたちが保育の中で大切とされている「表現」の違いをお伝えしました。
作品を上手に完成させるのではなく、ワクワクする、心が動くという子どもの心の動きを大切にしています。やってみたい!と、子どもたちが主体的に活動できるような環境を作り出すことが大切です。
191203_6
※許可をいただき、掲載させていただいております。
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会をしました。
制度に関しての疑問点や学校生活への不安も実際に来ていただければ納得していたけることも多いはず…と思います。
191203_7
座談会の後、希望される方は施設長との個別面談となります。
不明なことや不安なこと、詳しく知りたいことをもっと掘り下げて話をすることができます。
2019年11月21日|カテゴリー「お知らせ
こども學舎では、開学記念日のため、令和元年11月22日(金)を休校とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
また、資料をご請求いただいた方の対応も、11月25日(月)以降となりますので、あわせてご了承ください。
2019年11月18日|カテゴリー「実施報告
 11月度「体験授業×国の制度事例説明会」を昨日(令和元年11月17日(日)に開催致しました。前日に降った雪が解け始め、足元の悪い中11名の参加者をお迎えしての開催となりました。

 保育士資格の取得を検討中の方のお悩みは様々ですが、やはり「学費」についての不安が大きいため、国の制度事例説明を受け、ご自身が利用の対象となる制度を知ることは大きな後押しになると感想を頂いています。

 当日の様子を一部ご紹介致します。
035650159ab83d75064a230a2a27bd16-e1574039168750

← 1330~(唐川専任教員)

 

 ご挨拶

 当日のスケジュール説明


1c06f5e9b1c3e50ac735d6bd4ca6d12c-e1574039292836

1335~(大倉専任教員) →


 体験授業のテーマ

  「叱らない子育てがうまくいく!行動科学から見たコツ」


8fc63bc986e8794168b464ec43d4ec20-e1574039859772

← 体験授業内容


  こどもに限らず,人はある状況下において特定の行動をとった直後にメリットがあると,その行動の頻度が増加するという性質があるようです。繰り返されるこどもの困った行動にも,なにかメリットがあるはずです。困った行動に対しては,どんなメリットがあるのかを考えてみることが最も大切です。また,「〜しなくて困る」といったお悩みでは,行動の直後にメリットが生じていないことが原因として考えられます。

 このようにしてほしい行動の直後には「アメ」を,してほしくない行動は「アメなし」という対応が子育てのコツというお話をしました。


4e8422af2007cc2c883d5b36e3cc4a7f-e1574039888439
14:35~(河村施設長)→

 国の制度事例説明
  平成21年度開校以降、こども學舎の学生が利用してきた国の制度の利用・申請・受給・借入・併用の事例を説明致しました。大幅な学費負担軽減が可能となるケースも多くあります。
 年度によって継続されない制度もあることから、利用可能な制度を早くに知り、資格取得の検討をすることが重要です。
cf707f517095d9120461d13990b3c0ce-e1574040146841
← ご説明した国の制度

 ・札幌市保育士修学資金貸付
   最大160万円の借入 ※要件を満たすと返済免除
 ・専門実践教育訓練「給付金」
   ※訓練経費の70%受給
 ・専門実践教育訓練「支援給付金」
   ※離職直近6ヶ月間の給与の日額×授業日数分受給
 ・高等職業訓練促進「給付金」
   ※最大293万円受給
 ・高等職業訓練促進「貸付金」
   ※最大70万円借入 ※要件を満たすと返済免除
 ・自立支援教育訓練給付金
   ※卒業時、約40万円受給

次回開催(平日)「第6回 体験授業×授業見学」

■令和元年12月3日(火)
 10:30~ こども學舎の特徴、出願について(ご説明)
 10:40~ 授業見学(1年:保育の計画と評価A/2年:子どもの保健Ⅱ/2年:英語)
 11:10~ 体験授業(子どもの表現と保育者の援助)
 11:40  終了
       ※希望者には個別相談を実施
       ※おやつとドリンクを用意しています。

ご予約はコチラから

次回開催(日曜)「第5回 体験授業×国の制度事例説明会」

■令和元年12月15日(日)
 13:30~ ご挨拶
 13:35~ 体験授業(子どもを読み解く視点について)
 14:30~ 国の制度事例説明・こども學舎について
 15:30  終了
       ※希望者には個別相談を実施
       ※おやつとドリンクを用意しています。  

ご予約はコチラから
2019年11月8日|カテゴリー「平日開催「体験授業」
こども學舎では、2019年11月8日(金)に2019年度の「第5回 体験授業×授業見学」を開催致しました。
当日の内容を一部ご紹介いたします。
今回は4名の参加者を迎えての開催となりました。
191108_2089
■10:30~
まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。

【出願時期について】
11月1日〜30日まで、第4期の出願募集中となっています。
第4期の出願で合格された方は、入学金10万円の免除となります。
第5期出願よりは免除額が大きくなりますので、焦らせたいわけではないですが、ぜひとも早めにご検討いただけたら…!と思います。

☆ご不明な点がある方は、ぜひとも「個別相談」をご活用ください!→ご予約はこちら

☆出願時期・入学金等については、「募集要項」でもご確認いただけます→「募集要項」はこちら

191108_2115
■10:40~

【授業見学①】
授業:医療保育概論(2年生A・Bグループ授業)
教員:大倉 雄一 先生

本日の授業は、医療保育士や長期入院の小児医療に関して学ぶ授業をされていました。医療はただ治せばいいだけではなく、「痛い・怖い・辛い・嫌な」といった子どもにとってネガティブな部分をなくするために、事前の説明などを行なっているが、その一つとして医療保育士の関心が高まっているなど、先生自らの体験を織り交ぜながら授業をされていました。
191108_2139
■10:50~

【授業見学②】
授業:保育内容(ことば)(1年生Cグループ授業)
教員:瀬川 章子 先生

本日の授業は、ことばに関しての効果を学ぶ授業でした。こどもが転んだ時におまじないをして痛みが和らいだような気がするように、次に同じようなことがあった場合にことばで乗り越えることができることができる。そんな言葉の持つ力を学べる授業をされていました。
191108_2149
■11:10~
【体験授業】
授業:バイタルサイン
教員:小橋 明子 先生

〜〜〜授業担当教員からのコメント〜〜〜
バイタルサインとは、日本語では「人間の生きている証」という意味で、「呼吸」、「脈拍」、「体温」、「血圧」、「意識」のことを言います。
呼吸をすることによって体に大切な酸素を取り込み、二酸化炭素を排出します。この機能は、20歳をピークに衰えてくるのですが、それに拍車をかけるように私たちは、日頃、短く浅い呼吸をしている。今日は、深呼吸をすることで動脈の酸素濃度がどう変化するのかパルオキシメーターを使用しながら呼吸機能の大切さを学びました。また、脈拍は、心臓の状態を見る目安にもなるので、測定方法を演習し心臓のポンプ作用と脳などの関係についても考える機会となりました。
最近、低体温の子どもや大人が増えてきて、その結果、免疫力の低下、基礎代謝の低下等が言われています。体温を適正に保つためのポイントについて説明し、受講者からは「知らなかったことが聞けて良かった」「もっと学びたい」と好評であった。
体温・呼吸・脈拍など体から受け取る大切なサインを「2秒で測ることができる体温計」など数々の便利アイテムを交えて楽しく学べたのではないか、と思います。自分や家族、普段当たり前に動いている体からくるサインを気に掛けるいい機会にもなると感じました。
191108_2164
※許可をいただき、掲載させていただいております。
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会をしました。
問い合わせるほどのことではないことも気軽に聞けたり、他の参加者の方々の話を聞ける良い機会です。
学校の雰囲気など、実際に来ていただければ納得していたけることも多いはず…と思います。
191108_2176
座談会の後、希望される方は施設長との個別面談となります。
不明なことや不安なこと、詳しく知りたいことをもっと掘り下げて話をすることができます。
ぜひあなたも、説明会で直接見にきて・体験して、話を聞いてみませんか?

☆次回の「体験授業×授業見学」(平日開催)は→こちらから
★日曜開催の「体験授業 × 国の制度事例説明会」は→こちらから
もちろん、個別相談・資料請求も随時受付中です。詳しくは→こちらからどうぞ!
scroll-to-top