休暇のお知らせ

2022年7月20日|カテゴリー「実施報告
令和4年7月20日(水)に開催致しました「第1回 体験授業×授業見学」の様子をご紹介致します。
 当日は6名の参加者をお迎えしました。片山先生による「子ども家庭支援論」の授業見学と、唐川先生による「絵本を通して豊かな感性を生み出す保育者」をテーマにした体験授業を行いました。
 新型コロナウイルス感染防止対策としまして、本日は座席間隔も広く取り、手指消毒・マスク着用をお願いし開催いたしました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_20220720_01
■10:30~

まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
・令和5年度より開始する「学費の個別納入」について
などの話がありました。
時間の都合上、詳しいご説明ができませんのでこの後の座談会でご質問がありましたらお話しすることができます。
ph_20220720_02
■10:40~

【授業見学】
授業:子ども家庭支援論(1年生)
教員:片山 寛信 先生

本日の授業見学時は、「共感的理解」や視点を変えることでポジティブなアプローチに繋がる「リフレイミング」の大切さ、相談しやすい相槌や話し方などを実際の例を交えながらお話しされておりました。
ph_20220720_03
■11:00~

【体験授業】
授業:子育て支援と保育者
教員:唐川 香 先生

本日は、本校の常勤教員、唐川先生より「絵本を通して豊かな感性を生み出す保育者」というテーマでご講義頂きました。
絵本の表紙や絵にも作者からのメッセージがあり、園児が見やすいページのめくり方、思いやりの心を育てるために必要な絵本などについてお話しされておりました。
先生やお子様の事例をもとに、参加者様と明るい対話をしながらの体験授業となっておりました。


ph_20220720_05
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会を行いました。新型コロナウイルス感染防止対策として、マスク着用をお願いし、飲食時は会話を控えていただきました。
実際の授業を見学することで、幅広い年齢の生徒・授業内容・クラスの雰囲気など体験することができ、不安な部分も解消できるかと思います。
ph_20220720_04
座談会と同時進行で、希望される方は施設長との個別面談となります。
新型コロナウィルス
国の支援制度に関することは、書面を見ながら説明を受けることができるこの機会にじっくりとお話しすることをオススメいたします!

2022年度「体験授業×授業見学会」日程

平日開催の体験授業は、実際に行われている在校生の授業を見学できるのが特徴です。
どんな授業が行われているのか、授業の雰囲気など見ることができます。
ご予約はお電話または申込フォームにてご予約いただけます。

【第1回】2022年07月20日(水)
終了いたしました。

【第2回】2022年08月19日(金)
体験授業テーマ「保育士としての資質を高めるアート鑑賞」

【第3回】2022年09月21日(水)
体験授業テーマ「日本児童文学の事始め」

【第4回】2022年10月12日(水)
体験授業テーマ「絵本の形式」

【第5回】2022年11月16日(水)
体験授業テーマ「子育て支援と保育者」

【第6回】2022年12月12日(月)
体験授業テーマ「赤ちゃんの素敵な能力について」

【第7回】2023年01月18日(水)
体験授業テーマ「子どもと遊び」

【第8回】2023年02月17日(金)
体験授業テーマ「地域社会と保育園」
2022年7月17日|カテゴリー「実施報告
令和4年7月17日(日)に開催致しました「第1回 体験授業×国の制度事例説明会」の様子をご紹介致します。
当日は13名の参加者をお迎えし、「子どもを読み解く視点について」をテーマに本校の専任教員、唐川香先生による体験授業と、河村施設長による「こども學舎の特徴」と「国の制度の申請・利用事例」をご説明致しました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_20220717_01
■13:30~「体験授業」

担当教員:唐川 香 先生
テーマ:子どもを読み解く視点について
ph_20220717_02
内容:本日は、本校の専任教員、唐川香先生より「子どもを読み解く視点について」というテーマでご講義頂きました。

〜担当講師より〜
本日の体験授業は「こどもを読み解く視点について」をテーマとし、保育士養成校で学ぶ科目の紹介を兼ねながらお話しさせていただきました。
保育士が子どもをどう捉え、どのように保護者と子育ての喜びを共有していくのか等、事例を基に考えてみました。
人との出会いをプラスに捉え、あたたかな思いやりの心が連鎖していくような保育を、保護者と共に創り上げていく「保育職」の魅力を感じていただければ嬉しく思います。参加者の皆さんの真剣なまなざしと、熱心にうなずきながら聴講くださる姿に「きっと素敵な保育士になる!」と心強く感じました。ご参加ありがとうございました。
ph_20220717_03
担当:河村施設長
内容①:「こども學舎の特徴」
 保育士(国家資格)取得の必須授業は、午前のみ。月~金の9:30~12:05、2年制。午後の時間には、保育補助者または保育支援者として保育現場で勤務との両立をする学生が多数。近年では、「保育補助者雇上貸付」や「保育支援者配置補助事業」など、保育士有資格者の勤務負担軽減のため園が利用できる制度も整備されています。保育現場と保育の専門知識を学び得る2年間の経験は、とても貴重な時間となります。
内容②:「国の制度事例説明」
 1.札幌市保育士修学資金「貸付金」
 2.専門実践教育訓練「給付金」
 3.専門実践教育訓練「支援給付金」
 4.高等職業訓練促進「給付金」
 5.高等職業訓練促進「貸付金」
 6.札幌市自立支援教育訓練「給付金」
の6つの国の制度の概要と申請事例、そして複数を利用する併用事例などについてご説明致しました。
ph_20220717_04
■配布資料
・2023年4月入学に向ける「学生募集パンフレット」
・アンケート用紙
・こども學舎ボールペン
・国の制度事例説明で使用する資料
ph_20220717_05
説明会終了後、希望される参加者に「個別相談」を実施し、お待ちいただく間、マスク着用の上、おやつとドリンクをとりながら談笑を楽しみました。新型コロナウイルス感染拡大対策として席の間隔をとり室内の換気をし開催いたしました。今回、こども學舎に通学する1年生も参加し学生からの視点や考えも聞くことができました。
お話をする中で不安や疑問を解消できたかと思います。
ph_20220717_06
個別相談では、
・ご自身が申請可能な制度は、どの制度か。
・学費の納入と国の制度の入金時期はいつになるのか。
・調べて見つけた制度は利用対象なのか。
など、相談者様の状況に合わせてのご質問に回答をさせていただきました。

2022年度「体験授業×国の制度説明会」日程

日曜開催の体験授業は、国の制度事例紹介が1時間あるのが特徴です。
より具体的に、学生が利用する国の制度についてご説明いたします。
ご予約はお電話または申込フォームにてご予約いただけます。

【第1回】2022年07月17日(日)
終了いたしました。

【第2回】2022年08月21日(日)
体験授業テーマ「子どもたちの身体遊び体験」

【第3回】2022年09月18日(日)
体験授業テーマ「児童文学とはなにか」

【第4回】2022年10月16日(日)
体験授業テーマ「伝承としての児童文学」

【第5回】2022年11月13日(日)
体験授業テーマ「子どもと表現活動」

【第6回】2022年12月11日(日)
体験授業テーマ「子どもの育ちと保育」

【第7回】2023年01月15日(日)
体験授業テーマ「折り紙遊びの世界」

【第8回】2023年02月12日(日)
体験授業テーマ「児童文化財に親しむ」
2022年7月5日|カテゴリー「お知らせ
誠に勝手ながらこども學舎では、以下の期間を夏期休業とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

令和4年8月5日(金)から令和4年8月15日(月)

土・日・祝日も休業となります。
※お問い合わせへのご返信、資料の送付につきましては8月16日以降にご対応させていただきます。
 また、8月4日分のお問い合わせに対するご対応も、16日以降になる場合がございます。
scroll-to-top