支援制度のご案内

2022年11月18日|カテゴリー「実施報告
令和4年11月16日(水)に開催致しました「第5回 体験授業×授業見学」の様子をご紹介致します。
 久保田先生による「児童文学」、赤間先生による「英語」、片山先生による「社会的養護Ⅱ」の授業見学と、唐川先生による「子育て支援と保育者」をテーマにした体験授業を行いました。
 新型コロナウイルス感染防止対策としまして、本日も座席間隔も広く取り、手指消毒・マスク着用をお願いし開催いたしました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
ph_2022-1116-01
■10:30~

まずは施設長の河村より、ご挨拶とともに
・こども學舎の特徴
・出願時期について
などの話がありました。
ph_2022-1116-02
■10:40~

【授業見学】
授業:児童文学(1年生)
教員:久保田 先生

本日の授業は、「絵本表現の特徴について」をテーマに、絵本の絵や言葉の役割や連続性の大切さについてお話しされておりました。絵本のリズミカルな部分や歌のある部分を実際に読み聞かせてくれたことで体験者様も大変参考になるとお話しされておりました。
ph_2022-1116-03
■10:45~

【授業見学】
授業:英語(2年生ABグループ)
教員:赤間 先生

本日の授業は、「コミック・ジョークで口語表現」をテーマに、引用や強調をする際によく使われるマークや台詞の表現の際に使われるマークについてご説明されておりました。問題を出す際に学生に問いかけるようにお話しされ、笑い声の溢れる明るい授業となっておりました。
ph_2022-1116-04
■10:50~

【授業見学】
授業:社会的養護Ⅱ(2年生CDグループ)
教員:片山 先生

本日の授業は、「社会的養護にかかわる相談支援」をテーマに、実際に平成に日本で起こってしまった児童虐待の事件を事例にお話しされておりました。学生はもちろん、体験者様も真剣にメモをとって参加されておりました。
ph_2022-1116-05
■11:10~

【体験授業】
テーマ:「子育て支援と保育者」
教員:唐川 先生

本日は、本校の常勤教員、唐川先生より「子育て支援と保育者」というテーマでご講義頂きました。
保育の場面から事例を通して保育でなければわからないことや保育士の視点を保護者に伝えることの大切さについてお話されておりました。赤ちゃんの泣いている意味や赤ちゃんの持っている能力について説明されると参加者様も驚いており、質問しやすかったと仰って頂けるあたたかな体験授業となっておりました。
ph_2022-1116-06
体験授業終了後は、おやつとドリンクを囲みながら座談会を行いました。新型コロナウイルス感染防止対策として、マスク着用をお願いし、飲食時は会話を控えていただきました。
実際の授業を見学することで、幅広い年齢の生徒・授業内容・クラスの雰囲気など体験することができ、不安な部分も解消できるかと思います。
ph_2022-1116-07
座談会と同時進行で、希望される方は施設長との個別面談となります。
国の支援制度に関することは、書面を見ながら説明を受けることができるこの機会にじっくりとお話しすることをオススメいたします!

2022年度「体験授業×授業見学会」日程

平日開催の体験授業は、実際に行われている在校生の授業を見学できるのが特徴です。
どんな授業が行われているのか、授業の雰囲気など見ることができます。
ご予約はお電話または申込フォームにてご予約いただけます。

【第6回】2022年12月12日(月)
体験授業テーマ「赤ちゃんの素敵な能力について」

【第7回】2023年01月18日(水)
体験授業テーマ「子どもと遊び」

【第8回】2023年02月17日(金)
体験授業テーマ「地域社会と保育園」
2022年11月10日|カテゴリー「お知らせ
誠に勝手ながらこども學舎では、以下の期間を休業させていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

令和4年11月21日(月)から令和4年11月22日(火)

土・日・祝日も休業となります。
※お問い合わせへのご返信、資料の送付につきましては11月24日以降にご対応させていただきます。
 また、11月18日分のお問い合わせに対するご対応も、24日以降になる場合がございます。
2022年10月17日|カテゴリー「実施報告
令和4年10月16日(日)に開催致しました「第4回 体験授業×国の制度事例説明会」の様子をご紹介致します。
当日は2名の参加者をお迎えし、「伝承としての児童文学」をテーマに本校の専任教員、後藤優先生による体験授業と、河村施設長による「こども學舎の特徴」と「国の制度の申請・利用事例」をご説明致しました。
※掲載している写真は、事前に掲載許可をいただいております。
2022-10-16-01
■13:30~「体験授業」

担当教員:後藤 優 先生
テーマ:伝承としての児童文学
2022-10-16-02
本日は、本校の専任教員、後藤優先生より「伝承としての児童文学」というテーマでご講義頂きました。

文学の種類やその違い、日本とヨーロッパで似ている昔話について例をあげてお話しされておりました。近代以前と以降では文学作品に大きな違いがあることや昔話に風水が関係してことを聞くと参加者様も驚いており、興味深い体験授業となっておりました。

2022-10-16-03
■14:30~「こども學舎の特徴、国の制度事例ご紹介」

担当:河村施設長
内容①:「こども學舎の特徴」
保育士(国家資格)取得の必須授業は、午前のみ。
月~金の9:30~12:05で2年制。
午後の時間には、保育補助者または保育支援者として保育現場で勤務との両立をする学生が多数。
保育現場と保育の専門知識を学び得る2年間の経験は、とても貴重な時間となります。
内容②:「国の制度事例説明」
 1.札幌市保育士修学資金「貸付金」
 2.専門実践教育訓練「給付金」
 3.専門実践教育訓練「支援給付金」
 4.高等職業訓練促進「給付金」
 5.高等職業訓練促進「貸付金」
 6.札幌市自立支援教育訓練「給付金」
学費負担の軽減となりえる6つの国の制度の概要と申請事例、そして複数を利用する併用事例などについてご説明致しました。
2022-10-16-04
■配布資料
・2023年4月入学に向ける「学生募集パンフレット」
・アンケート用紙
・こども學舎ボールペン
・国の制度事例説明で使用する資料
2022-10-16-05
■15:30~「個別相談・座談会」

説明会終了後、希望される参加者に「個別相談」を実施し、お待ちいただく間、マスク着用の上、おやつとドリンクをとりながら談笑を楽しみました。新型コロナウイルス感染拡大対策として席の間隔をとり室内の換気をし開催いたしました。
専任教員に直接お話しを聞くことのできる機会となっております。
2022-10-16-06
個別相談では、
・ご自身が申請可能な制度は、どの制度か。
・学費の納入と国の制度の入金時期はいつになるのか。
・個別納入での具体的な学費納入方法は。
など、相談者様の状況に合わせてのご質問に回答をさせていただきました。

2022年度「体験授業×国の制度説明会」日程

日曜開催の体験授業は、国の制度事例紹介が1時間あるのが特徴です。より具体的に、学生が利用する国の制度についてご説明いたします。
ご予約はお電話または申込フォームにてご予約いただけます。

【第5回】2022年11月13日(日)
体験授業テーマ「子どもと表現活動」

【第6回】2022年12月11日(日)
体験授業テーマ「子どもの育ちと保育」

【第7回】2023年01月15日(日)
体験授業テーマ「折り紙遊びの世界」

【第8回】2023年02月12日(日)
体験授業テーマ「児童文化財に親しむ」
scroll-to-top