支援制度のご案内

2021年6月4日|カテゴリー「お知らせ
札幌市の「保育人材の確保に向けた事業について」を御覧になられたことはありますでしょうか?現在、「1. 就労継続の支援」「2. 潜在保育士の掘り起こし」「3. 次世代の育成」の3つに分けて運営されています。
【札幌市HP】

保育士資格取得希望の方や、保育士有資格者にとって有益な情報だと思いますので、本投稿で「1」と「3」の一部をご紹介致します。

「1. 就労継続の支援」
(1)札幌市保育支援者配置補助事業
保育士資格をお持ちでない方を、保育支援者として雇用する保育園などに対し補助金を支給する内容の事業です。
保育士がしなくてもよい清掃・消毒・雑務などを支援者が行うことで、保育士は、より保育に専念できる環境となります。

(2)札幌市保育人材確保に受けた一時給付事業
保育士資格を有し、保育園などで保育士として3年、6年、9年間勤務する方を対象に、各年目一律10万円を支給する事業。
※申請は対象者本人が行うため、正しく情報を入手する必要がありますね。

「3.次世代の育成」
(1)札幌市保育士修学資金貸付事業
保育士養成施設に通う為に必要な入学金、学費や就職準備にかかる費用を最大160万円借りられる事業です。保育士資格取得後に札幌市内の保育園などで5年以上勤務した場合、借入金の返済が全額免除となります。
※申請者が45歳以上の方の場合、3年間の勤務で返済が免除されます。
2021年6月4日|カテゴリー「お知らせ
令和3年7月1日より、令和4年4月入学の出願受付を開始致します。保育士資格の取得を検討される方は、是非資料をご請求下さい(無料)。
 【フォームから資料のご請求】https://www.kodomo-gakusha.jp/pamphlet
 【電話で資料のご請求】011-616-1771

 保育士不足問題が深刻化する現代、一人でも多くの方に保育士資格を取得してもらい、保育現場で活躍する人財養成が私たちの使命だと考えています。十分な数の保育士有資格者が保育する環境は、保育士一人一人にゆとりを与え、そのゆとりから自然と溢れる笑顔が園児の成長を促します。そして、子どもの成長を目の当たりにする保護者に安心を与え、第二子、三子を考える機会に繋がります。このような好循環が少子化問題の改善に直結すると信じています。

 こども學舎は、令和4年4月入学生より授業時間を変更して運営致します。これまで1コマの授業を60分間で運営していましたが、45分運営に変更し、授業の開始を遅らせ、終了を早めます。これにより、より多くの方にとって「これなら学べる!」に繋がれば幸いです。是非、ご検討下さい。

(令和4年度必須科目の開講時間)
 1時限目 9:30~10:15
 2時限目 10:25~11:10
 3時限目 11:20~12:05
2021年3月1日|カテゴリー「お知らせ
 今年度(2020年度)も、世界で奉仕活動を行う「国際ソロプチミスト」が主催する「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」に本學の学生が応募しました。「国際ソロプチミスト札幌ノイエ」クラブ賞を受賞することとなった学生の様子をご紹介致します。
 子育て、学業の他に保育現場で保育補助の仕事と両立する受賞者の頑張りが、評価されることは、とても嬉しいことです。
 今年もコロナウィルス感染防止に努め、時短・換気に気を配り、学内で表彰式を行いました。
fb96848b852d0409304a58a116438029-e1614563802116
■受賞時の写真

■夢を生きる:女性のための教育・訓練賞とは
(目的・応募資格)
有利な就職を目指し、教育と技術向上に励む女性を支援するもの。本人以外の家族(子ども、配偶者、親など)に対し、経済的責任を負っている。職業・技術訓練課程もしくは大学課程(大学院を除く)に、現在在籍中であるか、入学許可を得ている。経済的援助の必要性を明らかに示すことができる
73523be9bb534f429871ed581281373b-e1614566059471
■2020年度国際ソロプチミスト札幌ノイエ 神谷会長と受賞者の写真

■こども學舎では、毎年度、本「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」の募集を学生に案内しています。

本學には、「子育て・仕事・学業」の両立をする学生が多く在学しています。学生の日々の頑張りは想像をこえるものです。そのひたむきな姿勢と頑張りが評価され、また、今後の更なる頑張りの後押しとなればと願っています。
71f3edca64830cbcbe144d4a994baa8a-e1614566080973
■国際ソロプチミスト札幌ノイエの皆様との写真

(活動のご紹介)
https://sia-jkita.org/si-sapporo-neue/
scroll-to-top