実施報告

説明会の実施報告

2018年2月5日|カテゴリー「実施報告

平成30年2月4日(日)14:001600

「第8回 体験授業×制度を活用した就学事例説明会」を実施致しました。


1部では、唐川教員による授業を体験して頂きました。

①保育を学ぶことで、子どもとのかかわり方について考える視点が変化し、子どもの成長を支える立場で最善はなにかを模索する姿勢になること。

②布おむつと紙おむつのメリット、デメリット。赤ちゃんに触れ、話しかけることの大切さ。

③園児と折り紙を楽しむ際に、効果的な伝え方と誘導の仕方など、体験から学んだ実践例を学んでいただきました。


■2部では、こども學舎の特徴と在校生が利用する「国の制度活用事例」を基にご説明致しました。

・保育士修学資金貸付金

・専門実践教育訓練給付金

・専門実践教育訓練支援給付金

・高等職業訓練促進給付金

・高等職業訓練促進貸付金


■参加者の感想

「子育て中の保護者に助言する保育士の役割、体験授業で学んだ今、自分の子育てについても考え方が変わりました。今後の子育てにも役立てようと思いました。」など、嬉しい感想を頂きました。


030742961770a83699c4918b3d7bacc5-e1517810577400
1部 ほ乳瓶について(唐川教員)

強く吸引できる子と出来ない子にあわせて、ほ乳瓶を選択することが子どもの成長に不可欠です。
8691cbaae6bebd001cee6ed77447a84f-e1517810594828
1部 ハンドベル合奏(唐川教員)

初めてハンドベルに触れる方もいましたが、最後には上手に「ハッピーバースデイ」を奏でました。
a8017db979928b88734af9022ae7d1eb-e1517810737549
2部 學舎・制度説明(河村)

授業の後、子どもにかかわるお仕事と両立することで実践力を養います。授業で学んだ保育の知識と現場で体験する実際とが結びつく貴重な学びとなります。


次回 開催予定

第9回 体験授業 × 制度を活用した「就学事例説明会」

平成30年2月18日(日)
 14:00~
  体験授業
  子どもや保護者の方が悩みを抱えている時、どのように対応するとよいかについて体験的に学んで頂きます。
 15:10~
  こども學舎の特徴
  学生が実際に活用する制度の事例説明

 ■ご予約はコチラから

個別相談のご予約

上記説明会に参加が難しい方は、ご都合に合せて予約頂けます「個別相談会」をお勧めします。
土日や夜間の時間帯も対応できますので、ご相談下さい。


 ■ご予約はコチラから

2018年1月17日|カテゴリー「実施報告


平成30115日(月)13301500

「第7回 体験授業×制度を活用した就学事例説明会」を実施致しました。

 

1部で実施しました体験授業では、保育園保育士のエピソード、乳児保育、保育園児と楽しめる折り紙の教え方、ハンドベルなどを体験いただきました。2部では、出願にかかわる相談事例を基に、就学の後押しとなるこども學舎の特徴や、在校生の国の制度活用事例についてご説明しました。また、終了後には、軽食をとりながら談笑するなど楽しい時間を過ごしました。

参加いただいた方より「とても感動しました。特に3歳の保育園児が発したバス車内での一言は心に残りました。保育についての意識が大きく変わり、前向きに出願を検討しようと思います」など、嬉しい感想をいただきました。

4c7a632440f4c3e1dbf77ac7691b3dbe-e1516145595565
1部 乳児保育について説明する様子
1a9ce9542be08063aac29c9e37ab0b6d-e1516145604301
1部 ハンドベルを体験いただいた様子
e0858ed0b2cde22072eab9c58a71dc6a-e1516145626393
4883b26c5aed5b2cfe6c288584077e03-e1516145616654
2部 学生が利用する制度の活用事例を説明する様子


次回 開催予定

第8回 体験授業 × 制度を活用した「就学事例説明会」

平成30年2月4日(日)
 14:00~
  保育にかかわる体験授業
 15:10~
  こども學舎の特徴
  学生が実際に活用する制度の事例説明

 ■ご予約はコチラから


個別相談のご予約

ご都合に合せて予約頂けます。土日や夜間の時間帯も対応できますので、ご利用下さい。


 ■ご予約はコチラから


2018年1月16日|カテゴリー「実施報告

平成30114日(日)14001600


「第6回 体験授業×制度を活用した就学事例説明会」を実施致しました。

1部で実施しました体験授業では、子どもや保護者の方が悩みを抱えている時、どのように対応するとよいかについて体験的に学んで頂きました。また、2部では、こども學舎の特徴について、学生が実際に利用する国の制度について事例を基にご説明いたしました。


参加いただいた方より「体験授業は楽しく、時間が経つのが早く感じました。託児を利用できたため、安心して参加することができました。入学したい気持ちが高まりました。」など、嬉しい感想をいただきました。


cff39a2336ed3c95d60d58183ba7dd72-e1516091657796
1 部 大倉雄一専任教員による「体験授業」の様子
831969bbaf6248c827bf92198c0aa218-e1516091684474
2部 河村泰孝による「学生が実際に活用する国の制度事例説明」の様子

次回 開催予定

第7回 体験授業 × 制度を活用した「就学事例説明会」

平成30年2月4日(日)
 14:00~
  保育にかかわる体験授業
 15:10~
  こども學舎の特徴
  学生が実際に活用する制度の事例説明

 ■ご予約はコチラから
  
2017年12月4日|カテゴリー「実施報告
IMG_43411-e1512351079474

平成29123日(日)14001600

「第5回 制度を活用した就学事例説明会」を実施致しました。在校生が利用する制度の併用事例について熱心な質問があるなど、出願に前向きな姿勢が印象的でした。

また、来年度から拡充が予定される「専門実践教育訓練給付金」について関心が高かったように思います。本制度は、雇用保険に2年以上加入実績のある方を対象に、学費の内、国がみとめる訓練経費の70%が返還される制度です。

※拡充内容:返還率:60% → 返還率70

 

平成28年度に入学した学生Aさんの受給額実例(返還率60%時)

1回目

平成2810

125,715

2回目

平成2904

125,715

3回目

平成2910

125,715

4回目(予定)

平成3004

125,715

5回目(予定)

平成3004

291,720円 ※1

受給額合計(予定を含む)

794,580

 

※1: 保育士資格を取得する、卒業をする、雇用保険被保険者となる就職をする、全ての条件が卒業前に確定している場合の例となります。

※注意:制度の内容については、制度を利用されるご本人が窓口で確認されますようお願いします。

次回 制度を活用した「就学事例説明会」

第6回 制度を活用した「就学事例説明会」

平成30年1月14日(日)
14:00~
 こども學舎について(学校説明・学費・出願など)
 国の制度事例説明(どなたも対象となりえる内容)
15:10~
 国の制度事例説明(シングルマザー・ファザー対象)
16:00 終了予定

 ご予約はコチラから
2017年11月13日|カテゴリー「一日体験入学情報
IMG_4276-e1510548116420

1030~「保育内容演習(ことば)」

 専任教員 瀬川章子 先生
IMG_4279-e1510548140660

1140~「保育内容演習(表現)」

  北海道教育大学 教授 佐藤昌彦 先生


授業参加前と終了後に軽食を頂きながら、保育士資格取得後の夢について楽しくお話することができました。保育補助者など、既に現場で勤務される方も参加されました。資格の必要性を感じ、来年度に学ぶことを検討されているとのことでした。授業の見学だけでなく、今後も参加者の皆様とお話の機会を大切にしていきたいと思いました。(広報 河村)



次回 一日体験入学開催のご案内

開催日:平成29125日(火)

 10301240「保育実習指導Ⅰa


 参加のご予約はコチラから

 ※託児ルームをご利用の方は、開催日2日前までにご予約下さい。



scroll-to-top