BLOG

2023年11月6日|カテゴリー「授業
blog_2023-10-31_01
株式会社グリュック
代表取締役 實吉 孝太 先生
「社会福祉施設経営と管理」

10月31日の「社会福祉施設経営と管理」の講義は、株式会社グリュック 代表取締役の實吉孝太先生にご担当いただきました。
現在「介護事業」「障がい事業」「幼児事業」3社8施設を運営されています。「ワクワクが止まらない!」を合言葉に、免許や知識がないところから起業され、日々努力と挑戦を続けられてきました。その結果、自然と率先して行動をする職員や利用者さんが増え、感謝と幸せの連鎖が巻き起こり、今では地域で必要不可欠な事業所となりました。
無認可幼稚園ぐりゅっくの森では家族の在り方や子育ての方向性が近いコミュニティを創ることを目指しています。自然の中での活動を大切にしており、職員が率先して川に飛び込んだり、泳いだり、楽しむ姿を見せることで、子ども達に楽しみながら色々なことに挑戦する姿勢を伝えています。
blog_2023-10-31_02
blog_2023-10-31_03

ゲストティーチャーをお招きする意義

 こども學舎では、専任教員・非常勤教員が行う授業の他、今現在保育現場でお勤めの保育士さんをゲストティーチャーとしてお招きし、保育の「今」をお話頂くことに「力」を入れています。保育と言っても、保育士が変わればそれぞれのカラーと保育観があり、子どもを想う保育士の考え方も人それぞれです。素敵な保育士(先生)との出会い、そして多くの保育観を学ぶことで視野が拡がります。視野が拡がると、他の保育士さんの意図する保育を理解することができ、何より園児のための保育の幅が広がります。
  授業で多くの保育士に出会い学ぶことは、自分が理想とする保育士として働くための大切な機会だと思います。
また、こども學舎は午前授業ですので、午後の時間に保育現場でアルバイトをすることが出来ます。在学中に自分の理想とする保育が行われる保育園と出会うことが出来れば、その保育園でながく保育士として勤務し続けられると信じています。
  こども學舎は、学生が保育士として保育業界で活躍することを強く願い、卒業生が保育という仕事に従事することを幸せに思えることを切に願っています。
2023年10月31日|カテゴリー「イベント
こども學舎内にある無料託児 こどもルーム 「まぁる」で10/30(月)にハロウィンのイベントがありました。
こどもたちは、マーメイド&警察官に変身!
とってもかわいらしい姿にあちこちから「かわいいー!!」と歓声があがっていましたよ♪

「トリックオアトリート!お菓子くれなきゃ、いたずらしちゃうぞ~!」と職員室や各教室をまわってお菓子をもらい、こどもたちも、職員・学生みんなが笑顔になる楽しい時間でした!
blog_2023-1030-01
blog_2023-1030-02
blog_2023-1030-03
blog_2023-1030-04
2023年10月26日|カテゴリー「授業
blog_2023-1020-01
幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 清光会 双葉こども園
園長 菊地 誠 先生

「保育内容演習(人間関係)」

10月11日・20日の「保育内容演習(人間関係)」の講義は、双葉こども園園長の菊地誠先生にご担当いただきました。
双葉こども園の特徴や取り組み、保育に関わる人間関係についてなどお話してくださいました。園の建て替え時にこだわったことや、働く環境を整えることの大切さ、異年齢保育のメリットとデメリットなどを教えてくださいました。こどもだけではなく、勤務されている保育士のためにも様々な取り組みをされていて、学生からの質問にも丁寧に答えてくださり大変好評でした。
blog_2023-1020-02
blog_2023-1020-03

ゲストティーチャーをお招きする意義

 こども學舎では、専任教員・非常勤教員が行う授業の他、今現在保育現場でお勤めの保育士さんをゲストティーチャーとしてお招きし、保育の「今」をお話頂くことに「力」を入れています。保育と言っても、保育士が変わればそれぞれのカラーと保育観があり、子どもを想う保育士の考え方も人それぞれです。素敵な保育士(先生)との出会い、そして多くの保育観を学ぶことで視野が拡がります。視野が拡がると、他の保育士さんの意図する保育を理解することができ、何より園児のための保育の幅が広がります。
  授業で多くの保育士に出会い学ぶことは、自分が理想とする保育士として働くための大切な機会だと思います。
また、こども學舎は午前授業ですので、午後の時間に保育現場でアルバイトをすることが出来ます。在学中に自分の理想とする保育が行われる保育園と出会うことが出来れば、その保育園でながく保育士として勤務し続けられると信じています。
  こども學舎は、学生が保育士として保育業界で活躍することを強く願い、卒業生が保育という仕事に従事することを幸せに思えることを切に願っています。
2023年10月24日|カテゴリー「授業
blog_2023-1017b-01
特定非営利活動法人とらいわーく
理事長 菱谷 久美子 先生
「社会福祉施設経営と管理」

10月17日の「社会福祉施設経営と管理」の講義は“特定非営利活動法人とらいわーく”の理事長、菱谷久美子先生にご担当いただきました。
障がいをもつ方の就労を支援する「就労移行支援事業所とらいわーく」とカフェ業務を通じて就労に必要な力を養う「就労継続支援B型・caféべりぃ」の2事業所を狸小路商店街にて運営されています。事業所のマスコットキャラクターは狸を模した「Tanuky」(たぬっきー)で、キャラクター入りの雑貨も作成しています。この日はランチョンマットを持参してくださいました。
講義では経営者としての視点から事業所を立ち上げたきっかけや運営していくための費用など、「お金」に関するシビアな面をお話していただきました。また、支援者としての視点からは利用者の方たちとの関係性について、時には「仕事」として線引きをすることが大切であることなど、事例をあげて具体的に話してくださり、学生にとって大変貴重な学びの時間となりました。
blog_2023-1017b-02
Tanukyのランチョンマット♪
blog_2023-1017b-03

ゲストティーチャーをお招きする意義

 こども學舎では、専任教員・非常勤教員が行う授業の他、今現在保育現場でお勤めの保育士さんをゲストティーチャーとしてお招きし、保育の「今」をお話頂くことに「力」を入れています。保育と言っても、保育士が変わればそれぞれのカラーと保育観があり、子どもを想う保育士の考え方も人それぞれです。素敵な保育士(先生)との出会い、そして多くの保育観を学ぶことで視野が拡がります。視野が拡がると、他の保育士さんの意図する保育を理解することができ、何より園児のための保育の幅が広がります。
  授業で多くの保育士に出会い学ぶことは、自分が理想とする保育士として働くための大切な機会だと思います。
また、こども學舎は午前授業ですので、午後の時間に保育現場でアルバイトをすることが出来ます。在学中に自分の理想とする保育が行われる保育園と出会うことが出来れば、その保育園でながく保育士として勤務し続けられると信じています。
  こども學舎は、学生が保育士として保育業界で活躍することを強く願い、卒業生が保育という仕事に従事することを幸せに思えることを切に願っています。
2023年10月18日|カテゴリー「授業
blog_2023-1016-01
札幌はこぶね保育園
園長 佐々木 克幸 先生
「保育内容演習(ことば)」

9月28日・10月16日の「保育内容演習(ことば)」の講義は、札幌はこぶね保育園園長の佐々木克幸先生にご担当いただきました。
月齢に応じた子どもの特徴や遊び、近年の幼児施設を取り巻く様々な問題についてなどお話してくださいました。月齢によるこどものひとつひとつの行動の意味や発達障がいを見つけるポイント、早く見極める必要性を実際の事例をもとに教えて下さいました。保育現場でご活躍されている佐々木先生からの保育のアドバイスや、温かいエピソードも直接聞くことが出来る授業となりました。
blog_2023-1016-02
blog_2023-1016-03

ゲストティーチャーをお招きする意義

 こども學舎では、専任教員・非常勤教員が行う授業の他、今現在保育現場でお勤めの保育士さんをゲストティーチャーとしてお招きし、保育の「今」をお話頂くことに「力」を入れています。保育と言っても、保育士が変わればそれぞれのカラーと保育観があり、子どもを想う保育士の考え方も人それぞれです。素敵な保育士(先生)との出会い、そして多くの保育観を学ぶことで視野が拡がります。視野が拡がると、他の保育士さんの意図する保育を理解することができ、何より園児のための保育の幅が広がります。
  授業で多くの保育士に出会い学ぶことは、自分が理想とする保育士として働くための大切な機会だと思います。
また、こども學舎は午前授業ですので、午後の時間に保育現場でアルバイトをすることが出来ます。在学中に自分の理想とする保育が行われる保育園と出会うことが出来れば、その保育園でながく保育士として勤務し続けられると信じています。
  こども學舎は、学生が保育士として保育業界で活躍することを強く願い、卒業生が保育という仕事に従事することを幸せに思えることを切に願っています。
scroll-to-top